プロフィール

PHANTOM

Author:PHANTOM
MHFでご一緒しているシン爺様より頂きました!
(現実逃避日記)

当ブログへようこそ!

PC版MHF
サーバー1
猟団「ベル・フルール」所属

色々なゲームの事
日記的な事
趣味の事
思った事、戯言を
書いていこうかと思っています

あと、こんな辺境のブログですが、リンクして頂けるようでしたら、何時でもご一報ください

辺境のブログですが、よろしくお願いします

演劇紹介 1
演劇紹介 2
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々作っています

仕事であまり時間がないのですが、色々なものを製作中
今、一番時間をかけて作りたいものがあります
先だって、その制作物の為に、一部の方に声をかけさせていただきました
詳しい内容については、サプライズにしたいので、まだ隠密状態

昨日、足りないものが出てきたので、仕事帰りにいつもの量販店へ行きまして
足りなくなったのはパテ
色々作るのに、大量に必要になってくるものです

パテといっても、色々な種類が存在します
今日はそういった、ちょっとしたことを書きますので、これ以降、興味がない方には、異次元の話かもしれません

パテ
正式には、エポキシパテの事を私はさしていいます
種類としては
・粘土のように整形して、削り出せるもの
・溝や、キットのつなぎ目を埋めるのに使う物
など
私は主に、前者としての使用方法ができるものを使っています
主に使うのが、ウェーブさんから出ている、パテ
通常の物だと、切削が可能になるまで12時間ぐらいかかるのですが、このウェーブさんのだと、約3時間で切削が可能
このパテという物は、単体では固まりません
主剤といわれる、通称Aパテと硬化剤といわれる、通称Bパテを同量を混ぜて、使用します
この時、均等に混ぜないと、混ぜむらができて、切削したりすると、崩れたりする原因になるので、注意が必要でして
気泡が入るのは、しょうがない
練和(液体と粉を混ぜる)だったら、真空練和が可能ですが、この両方が固形物の場合は気合で練り合わせるしかないので頑張るしかありません

で、練りあがったら、キットに盛り上げて、コテを使って形成します
この際、本格的に確りと形成できるのがベストなんですが、あまり直角っていうのが作りづらい
その場合、どうするかというと、プラ版(プラスチック板)を適当な形にきって、簡易コテを作って、セメントながして床をつくるかの如くならす
この時、やりすぎるとかえって駄目になるので、加減が必要

できたら、乾燥してカッターなどで最終形成して、仕上げをする

この一連の事を、全部のパーツで行います

一番分かり易いのは、モビルスーツを作る時のボリュームアップや、シャーピングでパテを使います
例えば、MS09の足
そのままだと、ホバースカートである脛の部分が横に広いのがかっこよいのですが、キットそのままだと、ちょっと狭い
こういったところにパテを足して、形を整える
MS06などの肩のふくらみ、角(バンカー)を長くしてみたりとか、用途はいっぱい


このパテといっても、液体個体のほかにも、注意する点があります
それが

重量

ついつい、かっこよいからと、パテを盛りすぎて大きくなると、それだけ重さが生じます
下半身、特に足回りだったら、安定感が増すし、重量が下にくるので良いのですが、これが上半身に来るとそうはいかない
腕だと肩ジョイントや、肘ジョイントに負荷がかかるし、自立できなくなる
スタンドを使って、自立?させても、ポージングがうまくいかなければ、良さも出ない
胸部に使えば、前後のバランスもよろしくない
一部フィギュアの胸部を魔改造したとしても、こういった現象は起こります

じゃ、どうすればよいのか

それ専用のパテが存在しるので、それを使えばよい事なんです

通称、軽量パテ
同量のパテでも、乾燥硬化後の重量が全然違う
理由はいっぱいあるのですが、フィラーが軽いとか、細かいなどの理由が主
ただし、グラム単価は多少高くなる
また、この軽量に進化があり、高密度軽量というのもある
研磨した後の塗装感が全然ことなる、大変すばらしいパテです
使っていても、使いやすい
でも高い

高密度といわれても、切削に負担がかかるとかも、あまり実感がない

まーパテといっても、メーカーなどによっては、全然違うので、あまり大きいのは買わないで、色々試してみるとよいかもしれません
パテ事態の色もいろいろ
私が好きなのは、既にサーフェイサーを吹かなくても、既にサーフェイサーカラーのパテを使っています
そうすると、塗装の発色がきれい

色々なメーカーから、色々な種類がでているので、使い分けてみるもいいかもしれません

さて
完成予定は、締切もあるので、これは9月中旬までには、必ず完成させたい
完成後は、以前のようにまたアップしようかと思っています

今回も数体、同時進行で作成しております
なにせ
締切に間に合わせるのは、1体ではなく、1対なので
でも、レギュレーション、通るかどうかは微妙
昨年のレギュレーションでは、オッケーだったので、今年もオッケーだと思う
ここまで書くと、何だかわかると思いますが、内容は内緒
設計した(デザインした)感じで完成できるといいのですが
結構難しいチョイスをしたと、自分でも思っています
でも、頑張る

あと、もう一つ?正確には3体一組を作っているのですが、こっちは全然進まない
イメージがね、つかみ切れていないのです
まだ行けるだろう
まだ作りこめるだろう
もうちょい、頑張れ
という感じの声が、制作物から聞こえてきてる気がして(決して電波ではありません!)
思い入れのある作品にしたいので、時間はかけようと思っています

塗装も考えると、本体作成にかけれる時間はあと2週間
なんとか頑張ろうと思っています

レギュレーション、もう一度読み返しておこう

ではまた~

スポンサーサイト

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント下さった方へ

わざわざコメントありがとうございました!
その際はご一報くださいね~
いつまでもお待ちしております

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。