プロフィール

PHANTOM

Author:PHANTOM
MHFでご一緒しているシン爺様より頂きました!
(現実逃避日記)

当ブログへようこそ!

PC版MHF
サーバー1
猟団「ベル・フルール」所属

色々なゲームの事
日記的な事
趣味の事
思った事、戯言を
書いていこうかと思っています

あと、こんな辺境のブログですが、リンクして頂けるようでしたら、何時でもご一報ください

辺境のブログですが、よろしくお願いします

演劇紹介 1
演劇紹介 2
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韋駄天は…リアルでの色々

韋駄天参加の皆様、ストレスフルな韋駄天だったと思いますが、お疲れ様でした!
散々でもありませんが、書いてきましたが、私の韋駄天は実質一日で終わっておりました
初日と二日目が少々…

結果、クリアは1回のみ(なんたる体たらく)
タイムなどは、以前も書きました通り、あまりのショックでSSも撮っておりません
今回は、結果も見たくない状態…
今まで、箱時代、PC復帰後、韋駄天にはできるだけ参加しましたが

ここまでストレスを感じた韋駄天はありませんでした

とりあえず、あの往復ダッシュ(往復とは限らず)溜めブレス、それも連発は勘弁してください…
せめて、溜めブレス連続だけは無いように調整してほしかった
因みに、クリアはハンマーのみでした

さて、それ以外にも先週末は色々ありました
大学時代に所属していた部活のOB会に参加してきました
正確には

拉致られて、強制

だったのですが、本来、このOB会には私は参加資格がありません
ですが、私の色々な意味での大先輩というか、師匠というか

その殿と呼ばれている先輩に大変目をかけてもらっていて

日曜日にOB会練習会(当日しりました)をやるとの事で、土曜日の夜に前夜祭…
新橋のあるお店を半ば貸切状態にして、飲みまくり
殿をはじめ、ご家老、ご老中と呼ばれる、まー中心人物たちと楽しく飲んでおりました
殿の御嬢さんである姫様にも数年ぶりに再開
相変わらず、私の事を じぃ と呼ぶのは、そろそろやめてもらいたいのですが…
まー奥様にも、さんざん稽古つけてもらってましたし

で、帰宅後に韋駄天を数回したのですが、ダメダメでしたので、私の中では、そこで韋駄天終了となりました

日曜日
私はこの日に練習会があるのを知りませんでした
朝、殿から電話があり、手ぶらでよいから大学体育館へとの事で、ヘロヘロと向かいました
すると

殿を中心とするある世代の先輩たちが、臨戦態勢で勢揃いしているじゃないですか

道着がない人ように、殿とご家老が予備の道着を用意してある周到っぷり
道着に袖を通すのなんて何年ぶりだろうか
帯は、私の帯を殿がとっておいてくれたらしく、昔の支部長マークと名前が入っている帯がありました
皆さん年齢も年齢なので、入念に準備とストレッチ
女性陣も集まっており、皆さん、変わっていないな~とストレッチしながら話し込む

基本動作練習、複合基本動作連取、型、技の確認と練習などをして、まー当然ありますよねと言わんばかりの練習が
10分3ラウンド
気のすむまで、相手を選んで、体力が続く限り繰り返す

現役時代に、さんざん稽古つけてくれた先輩がたに連続指名食らって、結構へばりました
ただ、皆さん社会人とか主婦とかなので、怪我がないように、レガース着用で

現役時代より、はるかに強くなっている女の先輩とか、現役時代より関節の決め方がうまくなっている先輩など
あんたら化け物でしょ
と、リアルに言ってしまいました
最後に、待ってましたとばかりに、老中筆頭と、ご家老筆頭、最後に殿とやらせてもらって終了
クールダウンとストレッチ、怪我等がないかの確認をした後、体育館のシャワー室へ
女性陣は、遠方より来ている先輩方が泊まっている宿舎にてお風呂を使った方も

当然と言えば当然なのですが、そのまま飲み会に
昔の部活のたまり場であった飲み屋へ
今は若女将が切り盛りしているのですが、殿の顔を見た途端、電話してると思ったら、暫くして女将到着
若女将と女将による料理攻撃を全員で撃退しておりました

皆さん、現役時代っぷりの飲みっぷり
私は当時と変わらない、下っ端ぷりを発揮
久しぶりに、多くの先輩たちと話し込んでました

殆どの先輩が同業なので、仕事の話も少々しましたが、そんなのは直ぐ流れて、色々な昔話など
本当なら、当時の顧問も来る予定だったそうなのですが、体調と年齢的なもので欠席だそうで
全員で寄せ書き書いて郵送しようとの事になっていたそうです

どの先輩たちも、私の事を、嫌というほど覚えていてくれて、すごくうれしかったのですが、まー昔から変わらない先輩たちなので、大変楽しかったです

かなり遅くまで飲み、帰路へ
遠方からの先輩が多く、何名かは、もう一泊して、朝の飛行機だとか
殿は品川から新幹線なので、姫様も一緒なので、おとなしく帰路へついてくれました
何時もなら、帰りたくないな~とか、仕事したくないな~とか言いながら、帰らないのですが、今回はおとなしく帰りました
何人かでお見送り

いつも
いると大変で、面倒な人たちなんですけど、こうやって別れるときは、やっぱり何処か物悲しくなります
自宅に戻って、PCつけるかな~と思ったのですが、今日の事を思うとゆっくりしようと、ちょっと読書

久しぶりに、心地よい疲労と、あっちこっちに残る痛みが懐かしい
皆さん、衰えを知らないのか、やっぱり鍛え続けているのか
私ももうちょい練習していこうかな~とかも思ったり
当時はやっぱり青春してたのか?とか思い返してみたり
ゲーム的な青春ではなく、大会に向けて練習して、演武の型を練ったり、先輩方に稽古つけてもらったり
講義が始まる前に、殿たちと朝から練習したり、合宿で馬鹿騒ぎしたり
泣いて笑って、喜んで、悔しんで…うん、青春してたと思う

大会とかの写真、残っていないのが残念
数枚は残っているのですが、普段の練習風景とか、試合とかの写真、どっかに残っていないかな
先輩がたに聞いてみよう
連絡先も、教えてもらったし

朝、起きるとき、結構すっきり起きれた気がする

起き上がる時の腹筋の筋肉痛と、ふくらはぎも筋肉痛、脛はちょいと痛みが残っているが痣などはない
次の日に筋肉痛
うん、まだ私も若いんだと言い聞かせながら、仕事場に行きました

また参加したいです

ではまた~

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。