プロフィール

PHANTOM

Author:PHANTOM
MHFでご一緒しているシン爺様より頂きました!
(現実逃避日記)

当ブログへようこそ!

PC版MHF
サーバー1
猟団「ベル・フルール」所属

色々なゲームの事
日記的な事
趣味の事
思った事、戯言を
書いていこうかと思っています

あと、こんな辺境のブログですが、リンクして頂けるようでしたら、何時でもご一報ください

辺境のブログですが、よろしくお願いします

演劇紹介 1
演劇紹介 2
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍が如く5 夢かなえし者 終了

メリークリスマス
連休中は買い出し&だらだらと、なんだかんだでゆっくりできた…はずなんですが、日曜日に朝も早くから町内会の清掃があり、参加しなければならなくて、眠かったりしました

まーだらだらできました

さて、発売日から、ちまちまプレイしていた「龍が如く5 夢かなえし者」ですが、昨夜無事にクリアしました

サブイベント、アナザーストーリーは完全クリアならずでした
理由は、とっととストーリー進めたかったというのがあったから

やっぱり、龍が如くシリーズはシナリオがいい
でも、今回は、ちょっと注文も付けたくなりました

以下、今回の感想などを
ネタバレを含みますので、ご注意ください

さてさて
今回は、かなり壮大なストーリーでした
でもね
ちょっとね
ラストがね

納得いかない!

よりによって、一番ないわ~という展開

まーこの話はおいおいするとして

ラストのストーリーの順番的に、冴島→品田→秋山→桐生といくのですが

まずは冴島さんなんですが、まずは品田くんと行動をして、途中で別れるのですが、品田くんに馬場ちゃんへの伝言たくしたり、その馬場ちゃんとの話をしたりするのですが、品田くんの一言
「人情もここまでくると、すがすがしいね~」
極道というよりも、一昔の前の任侠の世界ですね

冴島さんは黒幕さん一派と戦闘
といっても、相手はあの

真島さんでしたけどね!
しかも真島さん、あなた何者?って感じでしたよ…
だってね、分身するんですよ…
今までの中で一番強いんじゃないの?って感じでした
冴島さんは、この後、ちょっとしたイベント

で品田くんへ
案の定、馬場ちゃんが待ってました
というか
馬場ちゃんでしたよ、最後まで来たのが
品田くんストーリーが、私の中で、一番よかった!

あと、品田ストーリーでの一番美味しい所をかっさらっていったのが

哀川翔!
いや、本当においしい所持っていきました
遥ちゃんや、馬場ちゃんたちを見て、帰る場所があるっていいな~とか、帰る場所ってどこだろう…
そんなツブヤキをしていた矢先に、携帯へ電話
もうね、憎めないを通り越してました

秋山さんの話で、私らにとってはラストだと思う
秋山さんは、大阪からの因縁の相手との対戦
秋山無双をかまさなければならないのですが、一番面倒な戦闘でした

で、戦闘後
渡瀬の兄貴登場!
それも、今まで桐生たち主人公とかかわった、各地方の親分さんたち以下引き連れて!

いや、渡瀬さんかっこいいわ~

というか
今回ラストが渡瀬の兄貴との戦闘かと思いました

違った
というか
この渡瀬の兄貴が出てきて、秋山無双が終わった時点でのラストの方が、しっくりきたんですが…

なんでなんでしょうね~
よりによって
ラストが

相沢って

とっても無理がある
このラストの人選が一番無理があったと思う
一番最初から出てきたキャラであり、要所要所に顔をだしていたキャラではある
声も、安元だし、その他キャラにしては、インパクトありすぎるとは思ったけど…
なんで?と正直思いました

よそ様の感想なども見てみたのですが、やっぱり、なんで?って感じが多いようです

あと、桐生さんのラスト以降が気になります
死亡フラグビンビンに立っているのですが…
桐生さんと、遥のその後が知りたいです
ゲームとして、続編を出せじゃなくて、ゲームストーリーの小説としてでもいいので、完全に完結してもらいたい気分です

セガのゲームって、どっか同人とかでやってください!というような、のりしろを残すよねと、かみさんとプレイ終了後に会話
そうなんですよね
全部が全部じゃないけど、セガから出ているゲームって、ある程度すっきりとストーリーは終わっている物も多いのですが、そのキャラを使っての、ifを作りやすい
どれだけプレイヤーの事を考えているんだって事です

いやはや
久方ぶりに長時間、ゲームしました

リザルト的プレイ時間は約70時間

これでも、サブ、アナザーはコンプリートしておりません
それ以上に、プレミアムアドベンチャーという、龍が如く定番、クリア後プレイもしておりません
で、このプレイ時間
それに、私がよく行く、秋葉原の中古系のお店で、龍が如く5は殆ど見かけません
ほぼ同時期に出たゲームは、結構大量に見かけるのですが
それだけ、遣り込めるのかな?と思ってます
年が明けたら分かりませんが

とりあえず
龍が如く 見参 始めました…

ではまた~

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。